TNK コンシェルジュ

超低温で測定したい

■ 氷点下での温度測定に利用できる温度センサには、下記があります。

​TRS型 シース型

-200℃ まで測定可能

測温抵抗体

​TRP型 保護管型

-200℃ まで測定可能

​熱電対

​金・鉄-クロメル

-269℃ まで測定可能

N・K・E・T 熱電対

-200℃ まで測定可能

■ 結露を防止できる構造であることから、

  シースタイプ(熱電対・測温抵抗体)をオススメしています。

測定温度/許容差

クラス1

クラス2

クラス3

N

K

E

-40℃以上

375℃未満

±1.5℃

-40℃以上

333℃未満

±2.5℃

-200℃以上

-167℃未満

​測定値の±1.5%

-167℃以上

40℃未満

±2.5℃

T

-40℃以上

125℃未満

±0.5℃

-40℃以上

133℃未満

±1℃

-200℃以上

-67℃未満

測定値の±1.5%

-67℃以上

40℃未満

±1℃

また、設置方法にもご注意ください。

(設置方法については、当社までお問い合わせください。)

■ 極低温の測定時には、[金・鉄-クロメル]熱電対が多く使用されています。

[金・鉄-クロメル]熱電対は、-272℃ ~ 27℃(1K(ケルビン) ~ 300K)の温度測定として利用されています。

 

-270℃付近の熱起電力が高く、温度との直線性がとても良好なのが特長です。

■ 具体的なご要件をお聞きできれば、より詳細なご提案が可能です。

​  ぜひ、当社まで お問い合わせください。

© TOYO NETSU KAGAKU CO.,LTD