シース熱電対とは、金属シースと熱電対素線の間を高純度マグネシア粉末で固く充填し、気密状態に仕上げられた熱電対のことをいいます。

シース熱電対には、下記の特徴があります。

1.応答速度が速い

保護管付熱電対に比べて 外径を細くすることができるので、小さな測定物にも挿入出来ます。

また、熱保有量が極めて少ないため、微小な温度の変化に対して、応答性が優れています。

2.優れた 曲げ特性・耐衝撃性・耐食性

シース外径の5倍以上の半径で屈曲できるので、取付や設置などが比較的容易にできます。

​また、機械的強度もあり、熱電対素線が外気から遮断されているので、酸化および腐食性雰囲気での使用にも耐えます。

スペック概要

​測定可能温度帯

-200​ ~ 1,050 ℃ (R熱電対を除く)

測定温度許容差(誤差範囲)

最大でも 測定値の ± 1.5 % または ± 2.5 ℃

シース外径

0.25 ~ 8.00 mm

熱電対

N ・ K ・ E ・ J ・ T ・ R

標準形式

シース熱電対

TS-1

TS-1 型

熱電対素線をシースから露出させ、端末をエポキシ樹脂などで密封した基本的な形状です。

 構成部品 

型式(TS-1)

​エレメント数

シース長さ

​素線剥き出し長さ

TS-2

TS-2 型

シース熱電対と補償導線をスリーブで接続した形状です。

 構成部品 

型式(TS-2)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-2a 型

TS-2型に 固定ネジを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-2a)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-2b 型

TS-2型に コンプレッションフィッティングを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-2b)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-2c 型

TS-2型のスリーブをフェノール樹脂のハンドルにした形状です。

 構成部品 

型式(TS-2c)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-3

TS-3 型

開放型端子箱を取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-3)

​エレメント数

シース長さ

TS-3a 型

TS-3型に 固定ネジを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-3a)

​エレメント数

シース長さ

TS-3b 型

TS-3型に コンプレッションフィッティングを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-3b)

​エレメント数

シース長さ

TS-4

TS-4 型

密閉端子箱を取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-4)

​エレメント数

シース長さ

TS-4a 型

TS-4型に 固定ネジを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-4a)

​エレメント数

シース長さ

TS-4b 型

TS-4型に コンプレッションフィッティングを取り付けた形状です。

 構成部品 

型式(TS-4b)

​エレメント数

シース長さ

TS-5

​シース熱電対と補償導線をメタルコネクタで接続した形状です。

 構成部品 

​型式(TS-5)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-6

​シース熱電対と補償導線を熱電対コネクタで接続した形状です。

 構成部品 

​型式(TS-6)

​エレメント数

シース長さ

​補償導線長さ

TS-7

TS-2型にバイオネットキャップとスプリングを取り付けて圧着タイプにした形状です。

 構成部品 

​型式(TS-7)

​エレメント数

シース長さ

挿入長

​補償導線長さ

TS-8

​サポート付きの固定ネジを取り付けた形状です。

 構成部品 

​型式(TS-8)

​エレメント数

長さ

挿入長

TS-9

​サポート付きの固定フランジを取り付けた形状です。

 構成部品 

​型式(TS-9)

​エレメント数

長さ

挿入長

© TOYO NETSU KAGAKU CO.,LTD