TNK コンシェルジュ

高精度で温度を測定したい

■ 白金測温抵抗体は熱電対に比べて許容差が小さく、高精度で温度測定をすることが出来ます。

​0℃

​200℃

40​0℃

60​0℃

80​0℃

​1,000℃

白金測温抵抗体

​±0.15℃

​±0.55℃

​±0.95℃

​±1.35℃

B熱電対

​-

​±1.5℃

​±2.0℃

​±2.5℃

R熱電対

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

S熱電対

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

​±1.0℃

N熱電対

​±1.5℃

​±1.5℃

​±1.6℃

​±2.4℃

​±3.2℃

​±4.0℃

K熱電対

​±1.5℃

​±1.5℃

​±1.6℃

​±2.4℃

​±3.2℃

​±4.0℃

E熱電対

​±1.5℃

​±1.5℃

​±1.6℃

​±2.4℃

​±3.2℃

​±4.0℃

J熱電対

​±1.5℃

​±1.5℃

​±1.6℃

​±2.4℃

​±3.2℃

​±4.0℃

T熱電対

​±0.5℃

​±0.8℃

​-

※ 白金測温抵抗体クラスA / B熱電対:クラス2 / B熱電対以外の熱電対:クラス1

■ 許容差内でさらに精度を上げるには、定期的な温度センサの校正をオススメします。

  かつ、温度計器も誤差を持つので、温度センサと温度計器をセットにした校正を行うことが、

  温度測定の高精度維持のためには必須です。

温度校正はこちらをご参照ください。

■ 具体的なご要件をお聞きできれば、より詳細なご提案が可能です。

​  ぜひ、当社まで お問い合わせください。

© TOYO NETSU KAGAKU CO.,LTD