TNK コンシェルジュ

衝撃を受ける環境で温度を測定したい

■ 一般的には、物理的な衝撃を受ける環境では熱電対を使用します。

測温抵抗体は衝撃や振動に弱いため、一般的には衝撃環境では熱電対を使用します。

なお、衝撃や振動に耐えうるか否かは、素線外径の選定や、保護管の強度に大きく左右されます。

※ 当社は保護管の強度計算も可能です。
  [お問い合わせフォーム]からお問い合わせください。

※ 保護管の種類はこちらをご参照ください。

■ 具体的なご要件をお聞きできれば、より詳細なご提案が可能です。

​  ぜひ、当社まで お問い合わせください。

© TOYO NETSU KAGAKU CO.,LTD